Skip to content

Categories:

地震の夜(kuriggen)

1. 地震が来た時は最初そんなに大したものとは思わなかった。自宅にいたが長い揺れだということは分かったので取り敢えず暫く大きな本棚を部屋の中で押さえていた。 あんまり長く続くので倒れるならそれでいいやもう面倒くさいと思って部屋の隅で座り込み壁を背にして狭い周囲の安全を確かめながら揺れに身を預けていた。車に乗ってるときなどワイルドな事態にも慣れているので、身体的には特にこの状況で何が起きても危険だと…

ツイートツイート

Posted in Android.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.